一戸建て所有者は長く大切に大きな家財「家」を守るためにリフォームを!

>

水回りのリフォームは5年~10年以内

水回りのリフォームの基本は、家を建て「新築の場合5年~10年」、「中古の場合は傷や腐敗が分かるようになってきたならすぐ」に行うことが鉄則です。
腐敗や亀裂が生じた箇所から、どんどんと家中に修繕の必要な箇所が広がっていき、家全体が駄目になってしまうのが、水回りのリフォームを急がなければいけない理由であり、危険サインである所以です。
ただ単に水分で濡れて腐るだけではなく、湿気がいつも付きまとうため、他の場所への影響も大きくなってしまいます。
たかが湿気・たかが一部の腐敗…そう甘く考えて放置していると、気付けば全ての床・壁・天井を貼り替えなければならない…ということにもなりかねません。
早めに対策しましょう。

リフォームはやばいと思う前に相談!

素人目では、今の状態が大丈夫なのか?大丈夫じゃないのか?が、わからないのは当然です。
まずはリフォーム会社に相談し、水まわりの不安について問い合わせて、見積もりに来てもらいましょう。
無料見積りで「リフォームが必要な危険な状態」であるとわかれば、すぐにでもリフォームすればいいですし、「今は必要ないがこれから必要になる…今手を打っておけば今後しばらくは手を打つ必要がない」…など、リフォーム会社の人からアドバイスがもらえます。
そのアドバイスとご自身の予算に従って、自宅を守るための手立てを打ちましょう。
水回りに関しては、何かあってから手を打つのでは、あまりにも莫大な費用がかかるということを知っておいてください。


水回りの腐敗は放置していると大変なことになる

この記事をシェアする